駆除後に気をつけること

作業員

戻り蜂に注意

ハチの巣を撤去してしまえばすぐに安全になると考えがちですが、実は退治が済んだ後にも、気をつけることがあります。それは戻り蜂という、巣のあった場所にしばらく留まるハチの存在です。これは巣の撤去作業の間餌をさがしに出払っていた働き蜂や、作業中に完全に退治できず、逃がしてしまった個体が後から戻ってきたものです。多かれ少なかれハチ退治ではつきものですが、作業に手間取ってしまった場合などで大量に発生したりします。戻り蜂は巣が無いのを確認してすぐに飛び去る個体もいますが、数日から1週間程度巣のあった場所に留まる場合が多いです。特に退治できずに逃した個体については、攻撃性が高まっているので、住民は刺されないように注意しなければなりません。ただ卵を産んで仲間を増やせるのは女王蜂だけなので、働き蜂だけが戻ってきたとしても巣が再建される事はありません。しばらくすればどこかに飛んでいくので、近寄らない事と、室内に侵入させない事だけ気をつけておきましょう。ただし、戻り蜂の中に女王蜂が居た場合には、巣が再建される危険があります。専門の業者を利用した場合にはまずありませんが、自分で退治したり、専門外の便利屋さんなどを利用して退治した場合には可能性が出てきます。ハチの方も巣を撤去された経験から危険性を認識しているので、同じ場所に再建するのは稀ですが、すぐ近くに新しい巣を作る事もあります。戻り蜂を少なくするためには、働き蜂が巣に帰る夕方以降に退治をする事がポイントになります。この辺りについては業者の判断に任せることになるので、気になる場合は事前に確認をとってください。また自分で出来る対処法としては、ハチの巣の撤去後に周囲にハチがいない事を確認してから、巣のあった場所に殺虫剤を撒いておくのが簡単で効果的です。予防のため、周辺も含めた広範囲に散布しておくのがポイントです。